5/31(金)プレスリリースのため商工会議所再び。6/1風唄ライブ終了

こんにちは、ばっしらいんのあきらです。

いよいよ6月に入り、ハイサイ沖縄バン祭に向けての動きが活発になってきました。
CAMPFIREもかんばしくなく、プレスリリースもよろしくない反応だとしても
僕は進みます。イベントが終了するまでは・・・

ばっしらいんのライブ情報を見てみる

5/31(金)ウインクあいちにある商工会議所のよろず屋さんに再び行って参りました。


プレスリリースはご存知ですか?

 

僕は友人に聞くまでその存在を全く知りませんでした。

 

プレスリリースとは

メディアが取り上げたくなるような話題をこちらから提供し
共感してもらえたら取材などのカタチで無料で取り上げられるもの

と僕は認識しています。

 

しかし、この無料と言う部分で勘違いが起こりやすのです。

無料で宣伝してくれる媒体

ではありません。

 

あくまで、メディアは“社会性”がある行動に関心があります。

 

逆に言えば社会性がないと判断された途端、嫌われます。

 

普段、お金をとって広告を載せてあげている媒体に
無料で載せるからにはそれなりの理由があるんですね。

 

僕はハイサイ沖縄バン祭を
沖縄では大切にされている
6/23(日)慰霊の日
にぶつけました。

なぜなら、僕の人生を変えた沖縄に
大好きな沖縄に恩返しがしたかったから。

リトル沖縄と呼ばれる大正区で
慰霊の日を盛り上げて沖縄一色のイベントをしたい。

この“慰霊の日”

と言う部分にメディアが社会性を感じる

このように思いました。

 

と偉そうに語ってますが、実は
この案は僕の案ではなく

ミラサポ
と言う機関を利用して
地元の兵庫県からある方を派遣させていただき
その方の案です。

 

もともと、ただの音楽イベントのつもりだった
ハイサイ沖縄バン祭に色を持たせてくださいました。

 

ミラサポを紹介してくれたのも、
今回お世話になった先生を紹介してくれたのも
僕の親友です。(なんと粟國翔平の上司)

 

せっかく親友に紹介してもらったご縁を無駄にしたくない。

 

その一心で
全くわからなかったプレスリリースに挑むために
仕事を休み、ハイサイ沖縄バン祭のために注力してきました。

 

先ほど触れた“ミラサポ”について少し触れます。

 

ミラサポとは、国(中小企業庁)がやっている
中小企業を応援する制度です。

 

事業者登録が必要で、僕も
会社名「ばっしらいん」で登録しました。

 

この機関を利用すれば
様々な恩恵にあずかれます。

ミラサポについて

 

僕は今回専門家派遣で
ある専門家に依頼させていただきました。

 

その方の名は

東 大吾先生
です。

 

先生の専門は“プレゼン”です。

 

ん?プレスリリースとどう言う関係があるの?

 

バリバリありました。

 

と言うのも、プレスリリースは先ほども述べた通り
メディアに共感してもらって取り上げてもらう必要があります。

 

そのためには
メディアが何に興味を持って
どんなキーワードに反応し
共感して取り上げたくなるのか

など、相手を知り尽くす必要があります。

先生はプレゼンで身につけられた独自のノウハウで
相手の心理を読み取り、適切なアドバイスをしてくださるプロです。

 

初めてお会いしたのは4/26(金)

 

場所は、今回も訪れた
ウインクあいちにある商工会議所のよろず屋さんでした。

 

先生にお会いして5秒でわかりました。

 

『この人には哲学がある。お願いしてよかった』と。

 

先生が発する一つ一つの言葉、考え方を吸収しようとして

必死にパソコンをカタカタやったり録音もさせていただきました。(許可済みです)

 

商工会議所なんて、普通に生きてたら出入りすることなかったと思います。
(ましてやミュージシャン言うてる奴が^^;)

 

右も左もわからない僕に先生はわかりやすく、理論的に

 

ミラサポについて
商工会議所の役割
プレスリリースについて
イベントの趣旨を明確に(戦略)
メディア戦略
実行まで落とし込める戦術・・・

 

など、書ききれないくらい様々なことを
教えてくださいました。

 

せっかく親友が繋いでくれたご縁を無駄にはできないし、絶対したくない。

 

その想いで頭が沸騰しそうなほどの情報量を
時間を使って一つずつなんとか整理するのがやっとでした。

 

先生に直接、プレスリリースのことを依頼することはできません。

ミラサポを通じてなら依頼できます。

また、先生はご自身の事業もやってらっしゃいます。

・・・・

 

あまり先生のことばかり書くと

6/1の風唄にたどり着いてもらえなさそうなんでw

東 大吾先生やミラサポが気になった方は
こちらをどうぞ。

 

プレスリリースについては後日談があるので、後ほどお話しします。

先生と食べた担々麺。うまかった。

6/1(土)風唄ライブ満員御礼ニフェーデービル


ニフェーデービルとは沖縄の方言でありがとうです。

この日は京セラドームで

 

オリックスvs日本ハム

 

のデイゲームでした。

 

そうそう、京セラドームといえば
ハイサイ沖縄バン祭に多大なお力をお貸しいただいてる

 

Lokal Cottageさんと言うちょっと変わったゲストハウスがあります。

 

こちらのコンセプトは
“猫と泊まれるゲストハウス”です。

 

流行りのairbnbで星5つの高評価。

 

京セラドームから抜群のアクセスで
Wi-Fiも完備されていて、何と言っても猫様がいるLokal Cottage。

猫好きには堪らない環境ですね。

 

猫ちゃんと一緒に働ける
オフィスもあるみたいです。

きになる方は
Lokal Cottageさんのページをご覧くださいませ。

Lokal Cottage
名物猫ちゃんのこいもちゃんとささみちゃん
アメブロで超有名な猫様。

めっさ可愛いです。
癒されます。
たまにLokal Cottageに訪れてくれます。

二人(二匹)のブログはこちら

 

話は風唄に戻ります、

風唄は大正駅から徒歩20秒
と言う立地の良さから、野球観戦帰りの方もいらしてくださいます。

 

今回も野球観戦帰りのお客様がちらほら。

 

でも、嬉しかったのが
野球観戦帰りのお客様1割
ばっしらいんのライブ聴いてもいいよってお客様9割
だったことです。

 

大正区と言う場所柄

沖縄民謡に反応される方や王道のBEGINさんナンバーでノリノリのお客様まで

一緒になって沖縄を楽しめるのが風唄のいいところです。

 

座敷なので、親戚の家に遊びに行った感覚で
美味しいオリオンビールや泡盛をいただきながら
沖縄ライブを近くで楽しめます。

 

そんな風唄での6/1(土)のライブは・・・

 

めっちゃ盛り上がりました!!

 

太鼓の“あんちゃん”も参戦してくれて、ますます盛り上がりました^^

あんちゃん、完全復活おめでとう!

そして、この日風唄で盛り上がってくれたみんな、ありがとうございました!

風唄の美味しい賄いです。

プレスリリースって一人でやるものじゃない


プレスリリースの後日談を一つ。

 

4/26に初めて東先生にお会いしてから
いろんなノウハウを教えていただき
5/31に2回目の作戦会議をウインクあいちのよろず屋さん(商工会議所)
でしてきました。

 

先生にご指導いただくのはこの日が最後。

 

実際にどこのメディアにどんな文章で

いつ送るのか、最適なタイミングは?

 

など、この日はより具体的なご指導をしていただきました。

11:00~17:30

と言う長い時間があっという間に過ぎ去って行きました。

 

2回に渡って、先生の素晴らしいご指導のおかげで
プレスリリースなんて聞いた事もない凡人が
プレスリリースの趣旨を理解し、実際にメディアに提出する書類を作成できるほどになりました。
(と言っても書類を作ってくださったのはほぼ先生ですが^^;)

 

問題はここから。

 

6/5に大量のメディアに
先生と作成した書類を投函しなければなりません。

 

が、プレスリリースの素晴らしさを実感してるのも

プレスリリースの趣旨を理解しているのも僕だけ。

 

先日、風唄ライブの時にプレスリリースの資料を持って

粟國翔平に話すも、あまり共感が得られず。。。

自分のプレゼン能力のなさに幻滅しましたw
(東先生のセミナー行こかなw)

 

CAMPFIREの結果もかんばしくないとの評価を受け・・・

 

正直、僕のやってることって
周りにあまり見えない部分なんで
熱量の多少の差は予測してましたが、、、

まさかここまでとは。

 

モチベも完全に下がって、何もやる気が起きない時が多々ありました。

 

でも、ハイサイ沖縄バン祭が終わるまでは
できることはなんでもやります。

 

そこにはせっかく親友に繋いでもらって

東先生にご指導いただいた

プレスリリースも含まれます。

 

先生とメディアをピックアップしたところ

全部で26社もありました。

画像はその一部

この26社全てに

 

A4角2サイズの封筒で

資料をメディアごとに変えて印刷し

インデックスを貼り

1部120円かけて作成します。

 

両面テープ多用しながら
もがいて6時間くらい作業します。

 

一人で。

 

ゴールは

メディアに取材にきてもらうこと。

 

です。

 

そのためにテンションが下がりっぱなしでも
なんでもやらなきゃいけないんです。

 

だって、6/5に投函する
と言うスケジュールは決まっているから。

 

なんとかやりましたよ。

 

また仕事にも影響を及ぼしながら。

 

まだこれからもやらないといけない事もありますが、
ここまでしたんだから…
プレスリリース、通りますように。

 

そして、メディアに取材され
ハイサイ沖縄バン祭にもより注目が集まり
6/23(日)沖縄慰霊の日を知っていただくきっかけになって
沖縄をより好きになっていただくきっかけになればいいな。

 

今日はちょっと思うことがありすぎたので
長くなってしまいましたが、ご勘弁を。

 

ありがとうございました。

PS.
CAMPFIREから入金ありましたよ。

手数料とか引くとたったの4万円ちょっと。
と思うでしょうか?

僕はやってよかったと思います。

メキシコに住んでらっしゃる方から1000円でお礼を買っていただきました。

僕の黒歴史CDを販売価格より数倍の値段で支援してくださった方もいます。

コンセプトブックと言う謎の5000円の読み物を顔も知らないであろう方からご購入いただいたり。

 

金額の問題じゃないです。

やったことに意味があります。

 

そして1円でもこうして集まっていることに感謝。
CAMPFIREを立ち上げてくれた家入さんにも感謝。
リターンを購入いただいた方に陳謝。

 

も〜な・・・
なら、やってみろっつーの。w

めっちゃ大変やねんから。

 

でも、リターン発送準備してる時は
嬉しかったな。

 

名古屋の郵便局の方に
「沖縄のイベントされるんですか?」
って聞かれたから
「大阪で開催するんですよ〜」
って言うと

「あ〜残念。。名古屋だったら見に行きたかったのに・・・」

って言ってもらいました。
なんていい人。

そんな素敵な出会いも、CAMPFIREのリターンを名古屋の郵便局から発送して生まれました。
ほっこりしました。

こちらこそありがとう、郵便局員さん。

では。

ばっしらいんのライブ情報を今すぐ確認する

スポンサーリンク